事業内容

事業内容イメージ画像

沢井保温工業では、その若さと情熱を持って、保温工事業を行っています。保温工事を行う事で、配管や機材などから建物内の熱の流出、または侵入を防ぎ、温度を適正に保ちます。温度は外と中での寒暖差が激しいと結露します。そうした状況が起きないよう事前に対策を行い、設備機械(エアコン等)や壁・天井などを劣化・故障させないように致します。そして、多くの人達が集まる場所の温度を適正に保てるように、保温工事を行い、人々が暮らす場所を大切にし、暮らしやすい環境を提供していきます。

保温工事

保温工事は、保温材や断熱材などを使用して配管やボイラー、機材を守るための工事になります。配管の保温工事を怠ってしまうと、配管内を通して、そこに繋がる機材や天井・壁といったものにダメージを与えていき、劣化・故障へとつながります。その他にも温度を一定に保つことで、結露の発生を抑え、人々が暮らすための適切な空間を提供するのに役立っています。

板金工事

保温工事を行ってもその後に問題が発生するケースがあります。例として、保温剤が古くなった影響で素材が飛び散ったり、鳥がつついたり、雨の影響などでダメージを受けたりといった事が挙げられます。そうした際には保温の効果が弱まり、建物への腐食が発生したりなどもあります。こうした問題が起きる前に、対策工事を行い、保全へと繋げて行きます。